20歳未満でも利用できるキャッシングとは

キャッシングを利用するには年齢制限にクリアする必要がある

おおきな建物

利用者が増えつつあるキャッシング。上手に使えば困った時に便利ですし、家計を助ける強い味方にもなります。
しかしキャッシングやカードローンなどを利用する場合は、各金融会社が定めている年齢条件に当てはまることが条件となります。
各金融会社によってその条件は多少異なりますが、いずれにしても年齢制限に引っかかった場合は申し込みができません。

基本的には20歳未満の人はキャッシングの利用はできない

未成年者には責任能力や返済能力がないとみなされます。
民法に未成年者保護規定があり、原則として単独で法律行為を有効に行うことができないことになっています。
法律や経済行為などに対しての知識や判断力が不十分ということで、法的に保護をかけられている状態です。
実際働いていたとしても収入もまだ少ないことも多く、十分な返済能力があるとも言えません。
以前はそれでも未成年者が利用できるキャッシングの会社もありました。
しかし訴訟問題に発展した事例があり、未成年の利用ができなくなっています。

しかし未成年者でもお金を借りる方法はある

「学生向けローン」を利用する方法

金融会社によってはやはり20歳以上に年齢制限をしているところもありますが、高校生を除く18歳以上の年齢で、大学生や大学院生、専門学校生などでアルバイトなどをしている人を対象としたものがあります。
学生向けローンは一般のものよりも金利が低く抑えられているという特徴がメリットでもあります。

「学生向けクレジットカード」のキャッシング枠を利用する方法

同じように20歳未満でもつくれる学生向けのクレジットカードを利用する方法があります。
『三井住友VISAカード』など大手のカード会社が提供している『デビュープラス』などがそれにあたります。
学生ということで利用できる額こそは低いものの、大手の商品という安心感がある上に、上手に利用すれば困った時の強い味方になります。

ただし、20歳未満の場合は「親の同意」が必要になる

仮に18歳の学生が金融会社と学生向けローンの契約をしたとします。
本人がサインをして押印し、契約が締結していていも「やっぱり取り消してください」と本人もしくはその親が主張してきた場合、その契約は取り消されてしまいます。
金融会社はこうしたリスクを回避するために、20歳未満の学生との契約の場合は親(保護者)の同意が必要としています。

キャッシングできても利用し過ぎないこと

つい親の仕送りを使い込んでしまって家賃や授業料の支払いができない場合や、試験前でアルバイトに行けないという場合など、学生でもお金が必要なこともあります。
学生向けの商品は一般のものよりも内容が優遇されている場合が多く、利息分だけ返済すれば良いプランなどもあります。
しかし学生の本来の目的は学業です。キャッシングし過ぎてしまいつい借り過ぎてしまい、返済のためのアルバイトに追われてしまうようなことにだけはならないようにしましょう。

初めてのキャッシング基礎知識

初めてのキャッシング基礎知識 一覧(全47件)

初めてのキャッシング基礎知識
申し込みもカンタン!手間らずで気軽に便利に北陸銀行『スーパーNOW』
数千円だけ借りたい場合に利用手数料を抑えるなら銀行カードローンがオススメ
結婚したいけど貯金がない・・・そんな時は『ブライダルローン』がオススメ
知りたい!キャッシングの疑問・質問・相談
キャッシング申し込みを複数同時に行うことが良くない理由とは?
個人間貸付だから・・・ちょっと待って!それってヤミ金融じゃない!?
自分の車に乗ったまま融資が受けられる金融サービスって?
キャッシング会社どれがイイの?
申し込み可能な年齢幅が大きい!鳥取銀行『らくだスーパーカードローン』
もっと便利なカードローンへ。紀陽銀行カードローン『ステータス』
申し込みはWEBで完結!伊予銀行『新スピードカードローン』
気になる!みんなのキャッシング体験談
総量規制がない時代は債務整理ブームだった
ブランドバッグを買いたくてキャッシングを利用しました
テレビを買いたい。キャッシングできる?
copyright © キャッシングの教科書 All Rights Reserved.