仕事を転職したばかりでもキャッシングの申込はできる?

キャッシング審査で勤続年数は重要?

ネクタイを締める男性

キャッシングの申し込みを行った場合、申告した本人の属性を元にして審査が行われます。
その項目の中には、その人の年収や勤務先以外に勤続年数という項目があります。
勤続年数は長ければ長いほど有利です。例え年収が高くなくても、この勤続年数が長ければある程度の信用が得られます。

将来的に返済する能力があるのかどうかが重要

新しい仕事先で勤めることになった会社員がキャッシングの申し込みを行っても、なかなか審査には通らない傾向にあります。
どんな仕事をするのかは本人の自由ですから、転職についてとやかく言われる筋合いはないかもしれません。
しかしキャッシング会社にとって、転職したばかりの人は離職率が高いとみなされがちです。離職すれば当然次の仕事が見つかるまでの収入はゼロになっていまいます。
融資を行う条件である安定した収入のある人に該当しないことになります。
高い年収があるから融資したのに、すぐに会社を辞めてしまったことで回収できなくなったということになればキャッシング会社にとっては大損です。
こういったリスクを回避するためにも、勤続年数を確認することでその人が離職するリスクの低さを確認しているのです。

勤務年数はどのくらいの期間があれば大丈夫か

審査の基準になる勤務年数はキャッシング会社によって違いがあります。
勤続年数という位なので、本来であれば1年以上は欲しいところですが、1年満たない年数は1年で申告する必要があるところも多いため、2年以上あるほうが望ましいでしょう。
しかし、転職したことでお金が必要になったからキャッシング利用がしたいという場合もあるかもしれません。
その場合、仮に審査に通ったとしても限度額は10万円以下で設定されることが多いでしょう。
一時的に必要になる分を借りたいだけなら、10万円以下でも十分足りるという場合がほとんどだと思うので、あまり高望みはせず収入が安定するまでは最低額で利用するほうが良いでしょう。

実績を積めば増枠申請も可能になる

最初は10万円以下の少額で限度額を設定されたとしても、しっかりと返済して利用実績を積めば後から限度額を増やしてもらうことができます。
増枠の申請を行うと、初回の申し込みを行った時と同様に審査が行われますがその時に勤続年数が増えていれば限度額が増える可能性もあります。
もしもそれまでに約束の期日を守らずに返済を滞ったり、初回申し込みからあまり期間が経っていないということがあれば増枠を断られる可能性もあります。
少ない額でも信用取引がしっかりとできていれば、希望に応じてもらうこともできるようになります。

知りたい!キャッシングの疑問・質問・相談

知りたい!キャッシングの疑問・質問・相談 一覧(全107件)

初めてのキャッシング基礎知識
申し込みもカンタン!手間らずで気軽に便利に北陸銀行『スーパーNOW』
数千円だけ借りたい場合に利用手数料を抑えるなら銀行カードローンがオススメ
結婚したいけど貯金がない・・・そんな時は『ブライダルローン』がオススメ
知りたい!キャッシングの疑問・質問・相談
キャッシング申し込みを複数同時に行うことが良くない理由とは?
個人間貸付だから・・・ちょっと待って!それってヤミ金融じゃない!?
自分の車に乗ったまま融資が受けられる金融サービスって?
キャッシング会社どれがイイの?
申し込み可能な年齢幅が大きい!鳥取銀行『らくだスーパーカードローン』
もっと便利なカードローンへ。紀陽銀行カードローン『ステータス』
申し込みはWEBで完結!伊予銀行『新スピードカードローン』
気になる!みんなのキャッシング体験談
総量規制がない時代は債務整理ブームだった
ブランドバッグを買いたくてキャッシングを利用しました
テレビを買いたい。キャッシングできる?
copyright © キャッシングの教科書 All Rights Reserved.