キャッシングの年齢制限を超えてしまった場合はもう借り入れできない?

キャッシングの申し込みの限界は70歳

お年寄り

キャッシング会社ではそれぞれ年齢制限を設けています。ほとんどのキャッシング会社では60歳、もしくは65歳までです。
アイフルが69歳、新生銀行レイクが70歳まで申し込み可能としていますが、70歳を超えるとどこのキャッシングも申し込みできなくなります。

高齢者は昔ほど働けない

高齢者ということで若い人のようにバリバリと働けるわけではありません。
もし貯蓄がなければ老後の資金が不足する可能性もあります。
仮にキャッシングが利用できたとしても、今後その借りたお金の返済をどうするのかという問題もあります。
返済に追われて、生活がこれまで以上に困窮するという状態は避けなくてはなりません。

高齢者のための専用ローン『リバースモーゲージ』

金融機関によって名称が違ってきますが、高齢者のために準備された商品に『リバースモーゲージ』という商品があります。

家を担保にして借り入れを起こす方法

リバースモーゲージは、今住んでいる家を担保にすることでお金が借りられます。
もしも本人が亡くなった場合は、その担保となっている家を売却して返済にあてられます。
通常の不動産ローンでは、一度に多額の融資を受けることが可能ですが毎月の返済が滞った場合は担保に入れておいた不動産を取られます。
もし住んでいる家を担保にしていればもう家に住めなくなります。
しかし、リバースモーゲージは本人が亡くなった後に一括返済するという方法なので毎月返済する必要がありません。
配偶者がいる場合は、本人だけでなく配偶者も亡くなって誰も住む人がいなくなった時初めて担保の回収が行われるため、残された人が困ることにはなりません。

受け取り方も年金形式か引き出し形式か選べる

お金を受け取る方法も、年金形式かもしくは利用限度額の範囲内での自由な引き出し形式かを選べます。
ただし、利用限度額として設定される額は、不動産評価額の50~80%程度ということで通常一般的な不動産ローンよりは低めです。

リバースモーゲージを利用する時の注意

不動産の評価額は毎年一律ではなく変動します。
契約した時の評価額よりも回収時下がっているという可能性があります。
土地の評価額は上がることがあっても建物の評価額は老朽化などにより下がっていくからです。
ですから利用限度額いっぱいまで借りてしまうと、評価額が下がった時の差額を請求される可能性もあります。
また、子供がいる場合など将来家が売却される前提なので相続することができなくなります。

リバースモーゲージを利用できる金融機関とは

リバースモーゲージは、一部の銀行、地方自治体、都道府県にある社会福祉協議会で実施されています。
対象になるのは基本的には土地付き一戸建てですが条件付きでマンションも可能な場合もあります。
銀行での対象者は一定の資産を持った人ですが、社会福祉協議会での対象者は低所得者なので比較的検討しやすいでしょう。
また、銀行では55歳から60歳以上を対象年齢で年齢上限がありますが、社会福祉協議会では65歳以上が対象年齢になっています。
キャッシングの年齢制限を超えてしまい、家を担保にできるという場合は検討してみると良いでしょう。

知りたい!キャッシングの疑問・質問・相談

知りたい!キャッシングの疑問・質問・相談 一覧(全107件)

初めてのキャッシング基礎知識
申し込みもカンタン!手間らずで気軽に便利に北陸銀行『スーパーNOW』
数千円だけ借りたい場合に利用手数料を抑えるなら銀行カードローンがオススメ
結婚したいけど貯金がない・・・そんな時は『ブライダルローン』がオススメ
知りたい!キャッシングの疑問・質問・相談
キャッシング申し込みを複数同時に行うことが良くない理由とは?
個人間貸付だから・・・ちょっと待って!それってヤミ金融じゃない!?
自分の車に乗ったまま融資が受けられる金融サービスって?
キャッシング会社どれがイイの?
申し込み可能な年齢幅が大きい!鳥取銀行『らくだスーパーカードローン』
もっと便利なカードローンへ。紀陽銀行カードローン『ステータス』
申し込みはWEBで完結!伊予銀行『新スピードカードローン』
気になる!みんなのキャッシング体験談
総量規制がない時代は債務整理ブームだった
ブランドバッグを買いたくてキャッシングを利用しました
テレビを買いたい。キャッシングできる?
copyright © キャッシングの教科書 All Rights Reserved.