収入証明書の提出を回避してキャッシングの申し込みをする方法

キャッシングの申し込みに収入証明書の準備は必ず必要?

申し込み書類に記入

いざキャッシングを申し込んだら『収入証明書』の提出を求められて、面倒だと感じる場合があります。
この収入証明書は、申し込みをした人の収入を確認できる書類のことで、市町村役場で取得できる所得証明書(課税証明書)以外にも源泉徴収票や確定申告書や給料明細などがあります。
キャッシングをしたい限度額が大きくなれば、収入証明書の提出を求められる確率も高くなります。

金融機関はどうして収入証明書を確認する必要があるのか

キャッシング利用したい限度額が大きい場合は特に、申し込みをした人に本当に返済能力があるかが重要になります。
いざ貸付けを行って返せませんでは金融会社はどんどん潰れてしまいます。
そしてそれだけではなく、実はキャッシングの申し込みやカードローンの申し込みの際には、この収入証明書の提出が法律(賃金業法)で義務付けられています。
申し込みをした人の借入状況や返済能力を調査するのは、金融会社が保守的に行っているだけではなく、利用する人が多重債務者にならないようにするためでもあるのです。

賃金業者以外の金融機関のキャッシングの利用申し込みをする場合

賃金業者以外ということは銀行などのカードローンがこれにあてはまります。
銀行のカードローンなどを申し込む場合は、賃金業ではないので賃金業法の制約にあてはまりません。
多くの銀行では100万円を超える限度額の申し込みがあった際に、収入証明書の提出を求めている場合が多いです。

賃金業者のキャッシングの利用申し込みをする場合

賃金業者の場合は、賃金業法によって貸付金額が50万円を超える場合、または他の契約との合算で100万円を超える場合に収入証明書が必要になります。

収入証明書の提出を回避するには・・・

収入証明書はサラリーマンなどであれば、直近の給料明細書の写し数か月分を提出すれば良いのですが、給料明細書が手元にない場合は困ります。
わざわざ市町村役場などに所得証明書を取得する必要があり、面倒で手間がかかるので収入証明書の提出を回避したいと考えるでしょう。
その場合、消費者金融など賃金業者でのキャッシングの申し込みなら利用限度額を50万円以下で利用するようにしましょう。
銀行系などのカードローンを申し込む場合は限度額が100万円以下のものを探すようにすると良いでしょう。中には楽天銀行など200万円以下なら収入証明書が不要としている銀行もあります。

50万円以下や100万円以下の申し込みでも収入証明書が必要になる場合もある

原則としては上記の金額であればほとんどの場合、収入証明書の提出を求められることはありません。
しかし例外として、極端に収入が低かったり、現在他社でのキャッシングの返済が滞っている場合など、少額であっても範囲内であっても収入証明書の提出を求められる場合があります。

初めてのキャッシング基礎知識

初めてのキャッシング基礎知識 一覧(全47件)

初めてのキャッシング基礎知識
申し込みもカンタン!手間らずで気軽に便利に北陸銀行『スーパーNOW』
数千円だけ借りたい場合に利用手数料を抑えるなら銀行カードローンがオススメ
結婚したいけど貯金がない・・・そんな時は『ブライダルローン』がオススメ
知りたい!キャッシングの疑問・質問・相談
キャッシング申し込みを複数同時に行うことが良くない理由とは?
個人間貸付だから・・・ちょっと待って!それってヤミ金融じゃない!?
自分の車に乗ったまま融資が受けられる金融サービスって?
キャッシング会社どれがイイの?
申し込み可能な年齢幅が大きい!鳥取銀行『らくだスーパーカードローン』
もっと便利なカードローンへ。紀陽銀行カードローン『ステータス』
申し込みはWEBで完結!伊予銀行『新スピードカードローン』
気になる!みんなのキャッシング体験談
総量規制がない時代は債務整理ブームだった
ブランドバッグを買いたくてキャッシングを利用しました
テレビを買いたい。キャッシングできる?
copyright © キャッシングの教科書 All Rights Reserved.