キャッシングは高所得者でも利用する必要があることもある

所得が高くてもキャッシング利用は必要?

札束

所得が大きいと、お金に余裕があるからキャッシングサービスやカードローンを利用する必要もなさそうですが実際は違います。
収入が大きければ、その分出費も多いもの。年収が1千万円を超える所得の人でも3割の人がカードローンを利用していると言われています。
生活水準が高いということで出費も多く、それ以外にも交際費などで利用することが多くなるようです。

収入が高ければ審査時の評価も高い

キャッシングを申し込む時に、年収はどのくらいかは絶対に尋ねられます。
これはその人の返済能力がどのくらいあるのかを確認する上で必要です。
そして現在では総量規制により、銀行など以外の賃金業からキャッシングサービスを利用する場合は、年収の3分の1までという決まりがあります。
年収が低ければ、審査の通過は困難になりますし、仮に通過できても限度額として設定される額も低くなります。
しかし年収が高ければ、審査を通過するのはかなり有利になり、設定される限度額も大きくなります。

中には最高限度額800万円までキャッシング利用が可能になる所も

一般的なキャッシングとは違い、びっくりするような大きな額を限度額の申し込みを可能としているキャッシング会社もあります。
しかし一般にキャッシングやカードローンを個人が利用する場合、あくまでも目安ですが1つの金融機関から借入可能になるのは年収の3分の1が上限となっているようです。
しかも総量規制という賃金業からキャッシングできる総額も年収の3分の1までという規制があります。
800万円までの限度額の承認を得るには、年収が2千4百万は必要です。
年収2千万円稼いでいる給与所得者は総労働人口の0.4%位ですから、ほんの一部の人だけがこの限度額でキャッシングが利用できるということです。

高所得の人が利用するキャッシングサービスは取引がある銀行がおススメ

例えば、その金融会社(主に銀行など)と取引の経過年数が長いことや、住宅ローンで既に利用していること、またはある程の金額の定期預金をしているということなどがある場合、目安となる3分の1を超えていても限度額が承認される場合もあるようです。
そしてそういった取引があると、キャッシング利用時にかかる利息も低くなります。

キャッシング利用があることでさらに信用に繋がることに

キャッシングサービスを契約し、毎月しっかりと返済を行うことで信用性のアピール材料になります。
銀行のキャッシングサービスは比較的金利も低く、利用しやすさが売りでもあります。
銀行と継続的にお付き合いすることはデメリットにはなりません。
まだ住宅ローンや自動車ローンなどの取引がなく、今後そのような大きなローンを組む時に信用度を上げておくと審査が有利になります。

初めてのキャッシング基礎知識

初めてのキャッシング基礎知識 一覧(全47件)

初めてのキャッシング基礎知識
申し込みもカンタン!手間らずで気軽に便利に北陸銀行『スーパーNOW』
数千円だけ借りたい場合に利用手数料を抑えるなら銀行カードローンがオススメ
結婚したいけど貯金がない・・・そんな時は『ブライダルローン』がオススメ
知りたい!キャッシングの疑問・質問・相談
キャッシング申し込みを複数同時に行うことが良くない理由とは?
個人間貸付だから・・・ちょっと待って!それってヤミ金融じゃない!?
自分の車に乗ったまま融資が受けられる金融サービスって?
キャッシング会社どれがイイの?
申し込み可能な年齢幅が大きい!鳥取銀行『らくだスーパーカードローン』
もっと便利なカードローンへ。紀陽銀行カードローン『ステータス』
申し込みはWEBで完結!伊予銀行『新スピードカードローン』
気になる!みんなのキャッシング体験談
総量規制がない時代は債務整理ブームだった
ブランドバッグを買いたくてキャッシングを利用しました
テレビを買いたい。キャッシングできる?
copyright © キャッシングの教科書 All Rights Reserved.