フリーローンが普及された背景を知って賢く上手く活用しよう

今のフリーローンは用途自由で身近な存在

パソコンの前で笑う女性

教育ローンや住宅ローンなど、用途に応じたタイプのものと違って使い道が自由なローンこそがフリーローンです。
ちょっと今月ピンチ!という場合などはこのフリーローンを持っておくと気軽にキャッシングができて便利な身近な存在です。

無担保なのに融資スピードも早い

フリーローンと言われる商品の特徴は、担保をつける必要がない、審査がシンプルで簡単、融資までの時間が短いということです。
金融機関によっては即日融資が可能であることや、無利息期間という利息がかからない期間が設定されていることで、利便性が高い商品であると言えます。

フリーローンが普及されるようになった理由

もともとフリーローンが一般の人たちにとって身近な存在になったのは、バブル期にノンバンクが多く設立されたことによるものです。
ノンバンクとは、預金を行う銀行以外の金融業者のことです。消費者金融やクレジット会社などがこれにあたります。
バブル期当時は不動産向けの融資がたくさん行われており、土地を担保に融資の拡大などが行われていました。
しかし1990年に不動産向けの融資残高を貸出残高全体以下の伸び率まで抑えるように義務付けされました。
これこそがバブル崩壊の引き金とも言える不動産向け融資の総量規制なわけですが、このことをきっかけに次々と倒産する企業が増えました。

景気の悪化がノンバンクに与えた影響

まさかバブルに終わりが来るなんて想像もしていなかった人たちは、景気の悪化により下落した資産や購入した高級車などを手放すなど、これまでの生活は急変しました。
そしてそれまでは簡単に銀行からも融資が受けられていたのに、一変して審査は厳しくなり、簡単にキャッシングができなくなりました。
そこに入りこんできたのがノンバンクで、銀行で借り入れができない人や借金を抱えて苦しむ人にもフリーローンを可能とし、大きく発展していきました。

ノンバンクのフリーローンは救いの手?それとも悪魔の手?

銀行は貸してくれないのに消費者金融などノンバンクは貸してくれる。そう聞けば、まるで救いの神のようにも思える存在ですが、そういった生活に苦しむ人こそがターゲットになっていたとも言えます。
複数からのキャッシングを重ねる結果となって、自己破産する人や倒産する企業が増えました。

今の総量規制はこういったフリーローンの利用し過ぎを防ぐもの

このような時代背景があってこそ、現在では賃金業者からのキャッシングは年収の3分の1までしかできないという規制ができました。
フリーローンは上手に利用すれば味方になってくれますが、使い方を間違うとバブル崩壊後に自己破産者が増えた時のように怖い存在にもなります。
返済計画をしっかりと立てて上手く活用するようにしましょう。

初めてのキャッシング基礎知識

初めてのキャッシング基礎知識 一覧(全47件)

初めてのキャッシング基礎知識
申し込みもカンタン!手間らずで気軽に便利に北陸銀行『スーパーNOW』
数千円だけ借りたい場合に利用手数料を抑えるなら銀行カードローンがオススメ
結婚したいけど貯金がない・・・そんな時は『ブライダルローン』がオススメ
知りたい!キャッシングの疑問・質問・相談
キャッシング申し込みを複数同時に行うことが良くない理由とは?
個人間貸付だから・・・ちょっと待って!それってヤミ金融じゃない!?
自分の車に乗ったまま融資が受けられる金融サービスって?
キャッシング会社どれがイイの?
申し込み可能な年齢幅が大きい!鳥取銀行『らくだスーパーカードローン』
もっと便利なカードローンへ。紀陽銀行カードローン『ステータス』
申し込みはWEBで完結!伊予銀行『新スピードカードローン』
気になる!みんなのキャッシング体験談
総量規制がない時代は債務整理ブームだった
ブランドバッグを買いたくてキャッシングを利用しました
テレビを買いたい。キャッシングできる?
copyright © キャッシングの教科書 All Rights Reserved.