結婚したいけど貯金がない・・・そんな時は『ブライダルローン』がオススメ

結婚するには費用がかかるのはなぜ?

新婚二人

幸せな将来を夢見て、いざ結婚を決めた!という場合、その後にかかる費用をざっとあげてみると、結婚指輪購入費用、結納費用、結婚式の費用、新居準備金、新婚旅行など上げていくと思っていたより費用がかかると感じるカップルも多いでしょう。
特に結婚式の費用は数百万円という費用がかかることもめずらしくなく、貯金があれば問題ありません。
しかし貯金がないカップルは、結婚式をあげない方向で新婚生活をスタートすることもめずらしくありません。

貯金がなくても大丈夫!結婚式はあげられる

そんな貯金がないカップルのために準備されたものが『ブライダルローン』です。
結婚式も招待客の人数や、会場の規模などによってかなり費用が違います。
また、土地柄の問題も関わるので地域によっては安く済む傾向にあるところもあります。
結婚式にかかる費用の全国的な平均は約350万円です。

ブライダルローンを利用するメリット

ブライダルローンとしての使い道は、結婚式や結婚指輪、新婚旅行などで使用できます。
金融機関によって多少違いがあるため、利用したい金融機関に確認してから決めるようにしましょう。
金利の相場も3%から15%程度と低く設定されており、限度額も300万円から500万円でとこれからかかる費用を考えると便利な金額になっています。
借入期間も5年から10年で設定できるため、比較的利用しやすいことが特徴ですが、返済完了の年齢を設定している金融機関がほとんどのため結婚年齢によっては希望通りの返済期間にならない場合もあります。

フリーローンを結婚費用にあてるのは?

使い道が限定されないフリーローンのほうが便利なのではと考えがちですが、金利が高いため返済する負担が大きくなります。
結婚費用というあきらかな目的が決まっているなら、ブライダルローンを利用したほうがのちの結婚生活にかかる経済的負担が軽くなります。

ブライダルローンを申し込むことに必要な条件とは?

ブライダルローンも誰でも申し込みが可能というわけではありません。
担保や保証人を原則として必要としていないのですが、申し込みをする人の状況によっては安定した収入がある親などを連帯保証人にするように求められる可能性もあります。

年齢は何歳から大丈夫?

多くの金融機関が、満20歳以上であることを条件としています。
ただし、未成年の場合でもどちらかの親名義でローンを組むことは可能です。この場合は審査の対象も親です。

年収はどのくらい必要?

金融機関によって違いがありますが、安定した収入を条件としているところもあれば、前年度の税込み年収が○○万円以上と明確に設定しているところもあります。
どちらにしても、毎月安定した収入がありしっかりとした返済能力が求められていることに違いはありません。

勤続年数は関係がある?

多くの金融機関では勤続年数が1年以上で、パートやアルバイトではない正社員であることを求めています。
自営業でしっかり生計をたてている方も多いとは思いますが、正社員と比較するとどうしても審査が厳しくなります。

初めてのキャッシング基礎知識

初めてのキャッシング基礎知識 一覧(全47件)

初めてのキャッシング基礎知識
申し込みもカンタン!手間らずで気軽に便利に北陸銀行『スーパーNOW』
数千円だけ借りたい場合に利用手数料を抑えるなら銀行カードローンがオススメ
結婚したいけど貯金がない・・・そんな時は『ブライダルローン』がオススメ
知りたい!キャッシングの疑問・質問・相談
キャッシング申し込みを複数同時に行うことが良くない理由とは?
個人間貸付だから・・・ちょっと待って!それってヤミ金融じゃない!?
自分の車に乗ったまま融資が受けられる金融サービスって?
キャッシング会社どれがイイの?
申し込み可能な年齢幅が大きい!鳥取銀行『らくだスーパーカードローン』
もっと便利なカードローンへ。紀陽銀行カードローン『ステータス』
申し込みはWEBで完結!伊予銀行『新スピードカードローン』
気になる!みんなのキャッシング体験談
総量規制がない時代は債務整理ブームだった
ブランドバッグを買いたくてキャッシングを利用しました
テレビを買いたい。キャッシングできる?
copyright © キャッシングの教科書 All Rights Reserved.